ÖYSTER /双葉社・「超可動ガール1/6 」製作委員会

超可動ガール1/6

232
視聴者数
87.58%
満足度
303
評価数
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

基本情報

タイトル (かな)
ちょうかどうがーるろくぶんのいち
メディア
TV
リリース時期
2019年春
放送開始日
2019-04-06
公式サイト
choukadou-anime.com
公式Twitter
@choukadou_anime
ハッシュタグ
#超可動ガール
Wikipedia
ja.wikipedia.org
しょぼかるID
5256
MyAnimeList
38226

PV

あらすじ

三次元(現実)の女性に興味が無い硬派なオタク、房伊田春人。
ある日、大好きなアニメのヒロイン・ノーナの美少女フィギュアを購入したが、
突然フィギュアのはずのノーナが動き出した!
一人 と 一機 (?)の ドタバタ夫婦的生活、始まる!

Annictサポーターになると広告を非表示にできます

キャラクター

スタッフ

日暮茶坊
シリーズ構成
山名秀和
キャラクターデザイン
山名秀和
総作画監督
松尾真彦
総作画監督
滝口勝久
美術設定
後藤恵子
色彩設定
山根裕二郎
撮影監督
後藤優一
3DCGディレクター
本間貴之
3DCGスーパーバイザー
阿部信之
音響監督
オンリード
音響制作
studio A-CAT
アニメーション制作

動画サービス

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
3DCGがロボットっぽさ出してましたね
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
ギャグの面白さはなかなかのもの。ゲームネタがある程度わかる人なら笑ってしまうだろう。 2話でかなりメタ的に危ない話題を出しながらこちらへのメタ発言はしなかったので一安心、かと思いきや温泉回でメタ発言。好意的にとらえるなら、あれはオタクなりに言ってみたかったセリフを言ってみただけとできるか。 メインストーリーの根幹部分が勢いでごまかしている感があって、腑に落ちない。 いざというときに出す2D作画が可愛かった。 OP曲は少しの古臭さのせいか、謎の中毒性がある。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
化けるかなと思ったけど、そうはならなかった
商品はありません
商品を登録する
Annictサポーターになると広告を非表示にできます