ABC-A・東映アニメーション

スター☆トゥインクルプリキュア

209
視聴者数
93.82%
満足度
318
評価数
88.89%
満足度
48
記録数
9
評価数
7
コメント
恒例の夏祭り。 一発で射的の景品全部倒すとか、テキ屋荒らしかw 心の宇宙、インナースペースか。マインドフルネス的な。友達を作って課題を共有していくことは確かに心身にとってプラスで、自分の世界(宇宙)が広がるよね。 ユニが皆と打ち解けるプロセスはまだ続いてたというか、プリキュアシリーズではキャラの成長を時間をかけて丁寧に描かれるので、まだもう少し進展があると思う。 次回はララの故郷が舞台?
夏祭りの風景をかつてのレインボー星の花火と重ねて思いつめるユニ。同じ異星人としてユニに寄り添うララがめっちゃ可愛い。かつてララも色々悩んでたゆえに、心の宇宙が広がる、っていい表現だなぁと。 レインボーパフューム、ペンを使わない単独技あったのね。久々のサザンクロスでフィニッシュ。 怪盗なのに金魚すくいできなくてぐぬぬってなってるの可愛い。 フワを綿飴と間違えるのいくらなんでもひどいw 次回はララの家族か。
ユニは「今の私は仮の姿」云々と言ってたけど、故郷の皆が石になってる時に自分一人がお祭りを楽しむことに後ろめたさを感じて抑えてるのかなぁと思った。 ララとダブらない形で魅力ある異星人キャラを作るのは大変だろうけど、いつまでもユニを陰のあるツンツン娘キャラで引っ張るのはちょっと辛い。 駆けつけたプリキュア達が巨大ノットレイを攻撃できずボコボコにされたのはコスモを人質にされてるせいかと思ったら、巨大ノットレイ一体だけに攻撃を集中して切り抜ける展開になって??だった。
☆☆☆★(3.5)  やっぱり最近ユニメイン回多いね。まあ追加キャラだからね。もう一人の異星人であるララは地球と打ち解けてきたんだなあと思った。外の宇宙、心の宇宙。  パフュームが強すぎて、ユニひとりじゃペンを借りられないから技を使えないということが完全に盲点だった。そのことに気づかせてくれただけでも今回の話はすごく意味があると感じた。久しぶりのサザンクロスも嬉しい。  ユニは昔の日々が幸せだったからこそ、今思い出すとその思い出が悲しい色に染められてしまうんだろうな。早く思い出も元通りの色を取り戻せるといいな。  笑顔でわたあめを食べるまどかさんかわいいな~。まどかさんはいろんな側面を見せてくれて本当に魅力的だなあと思います。バレないプルンスとフワ。ひかるの私物なのにとてもユニ柄(水色に黄色い三角)な浴衣おもしろい。  次回ララ母とパジャマパーティー楽しみだな。
金魚っておいしいのかな?
ネコネコしいな
ユニだけ帯留めが無い まだ、ユニと壁があったのね せっかく宇宙船があるのだから、成層圏あたりからの花火を見たかったのでした