篠原健太/集英社・彼方のアストラ製作委員会

彼方のアストラ

1017
視聴者数
92.17%
満足度
769
評価数
88.64%
満足度
315
記録数
88
評価数
53
コメント
8人いる! ギャグとシリアスの混合が絶妙! 「宇宙旅行が普通になっていて、学校の旅行でいってトラブル」つまり、現在の我々でいうところの「頑張ってアメリカから日本まで太平洋の島をリレーして帰ってきてね」って放置みたいなもの... キャプテン責任取れよ😁 それにしても、そんな宇宙時代でも眼鏡使うんですか!? 眼鏡っ娘需要は永遠だ!
ギャグとツッコミが古いが、宇宙もの好きなので楽しみっす
んーなんか演出とか微妙、ギャグシーン?に冷めた。 でもシリアスなシーンはなかなか。今後どうなるかしら
てんぷらサポーター
宇宙旅行が普通になってるのか 無能警察 ヒュペリオンをここで出すとは...熱いな... ギスギスしすぎやろ なんでも凍らすな なんやこの展開...! 急にカナタかっこいい... 金髪の子意外と優しい 一話から熱い展開 ヘルメットの振動が伝わってるんやね 5012...絶望しかない... 希望だぁ
5つの惑星を経由して故郷に帰る!・・・これからどんな旅が始まるのか、すごくワクワクする導入。いきなり宇宙に一人で放り出されたアリエスちゃんの不安と焦り、宇宙空間での一歩間違えば考えるのをやめることになりそうな緊張感、まだお互いの名前も覚えてないような仲でも仲間を助けるために一つになるチームワーク・・・見所いっぱいだった!あとアリエスちゃん抜けててかわいい。
おおー!本格SFだ。原作未読だけど、マンガ大賞2019受賞作なだけあって、いきなり面白い。 9人を5012光年の彼方へワープさせた謎の球体は最初の謎にして最終的に物語のキーとなる要素なんだろうなと。 アストラ号の超光速エンジンが生きててよかった。20日ごとに惑星で水と食糧を補給して、5箇所経由すれば帰還できるポイントに到達できると。しかし、先々の惑星に資源として水と食糧が存在することが分かっていても、実際に調達するのは困難だろうな……それぞれクセの強い9人が力を合わせて切り開いていくってことだろうけど、これはゾクゾクする展開。 状況が超シビアなのにキャラコメがそれなりに面白くて良き。願わくば、このバランスが終盤まで続くことを。
ナンリウサポーター
宇宙漂流ものか、大好物です
いいね👍
いやあ〜ワクワクする一話でした。王道サバイバル系の話だが、これから絶対面白くなりそう。続きが楽しみ
原作既読なのがもったいない。良い出来です。
サバイバル系なのかな? どんな惑星が出てくるか楽しみ
いきなりアストロノーツ的ピンチですね… お?助けかな?? キャンプに行くのか 惑星マクパで惑星キャンプ! 知ったかぶりだ! コナンくんかな? え?なんて?アヌティメッタダイボモモ!! アヌティメッタダイボモモさん! デンジャラスボーイww ポンコツポリスロボめw この娘は何を言っているんだ??w そういうとこやぞ! 姉が妹に冷たいな… 宇宙服マニアか 一里ぼっちかな? ワープはイーサドライブ系か この生徒ども自由過ぎるw 冷凍みかんうまいよね!って凍り過ぎじゃない?w 完全に生徒のみで5日過ごさないとならんのか アヌティメッタダイボモモの影響で反重力装置が… 何だこのオーブ… 動くワープポータル的な?! カナタの写真に写ってた人か、あっ落ちたな… 宇宙に放り出されたのか、大事な写真の入ったタブレットが… 主人公っぽい娘がいませんね… あぁここで冒頭に繋がるのね ワイヤーウィンチがあるじゃねぇか! 無駄に吹かせるなよ… 届いたか…ってあっ!? ワイヤー外しちゃうのかよ… 人の鎖! 5000光年!?サイバーナイトじみてきたな!! ヘルメットしてなければ即死でしたね… 「みんな星になっちゃえ」って怖いなw シートベルトをお締めくださいよ~ スペオペっぽくでいいぞ~
珍しい本格SFっぽいので期待していた。とはいえ「出発前日に目的地を聞く母親」の登場に、シナリオには期待できないかもという不安も。救助シーンも手を繋ぐためにムリなシチュエーションを作ってさらに不安倍増だなぁ(ワイヤーを巻き取ればより安全に回収できます)。スラスタの吹き方もだいぶ雑。 ---- 思い返してだんだんムカムカしてきたw こんな未来なのにAI的なコンパニオンもいないどころか旧態依然のタブレット端末くらいしかないとか。宇宙服にもいっさいインテリジェンスがないとかありえんだろう。全体的に未来予想がヌルすぎる。
心躍るSF感あって面白そう。 かなり緊迫した状況だけどギャグ要素もちょこちょこ入るから気疲れはしない。 キャラは名前覚えられるかなぁといった感じだけど個性的で良い。
絶望から希望へ...ああいう時にはカナタみたいなアホが頼りになるんだろうなぁ。 10点
いのりん主人公か?木野日奈ちゃん同行が課題。惑星に到着したと思ったら速攻転送された。宇宙での飛び方ミスると死だから恐いなぁ。宇宙だと5012光年でも近いね。ほそやん遭難経験者か。元の星に向かって転々と星を巡るってことね
個性が強いなww いきなり触るか。試験だとしてもアウトだろ。 謎の球、謎の無人船と作為的なところがあるが果たして 手をつなぐことを強調したかったんだろうけど やっぱ命綱はつけるべきよ。ロープあるじゃろ 眼鏡君有能。 結構おもしろそうだと思った。
彼方のアストラ 第01話。原作既読。ギャグのノリがいかにもスケット団の作者っぽい。緊迫した状況でもすぐにギャグが入って気軽に見れるのがいいなー。作画がとても安定感があるのも好印象。
初回1時間スペシャル。いきなり深刻な事故シーン、本格的SFなのかとおもったら急にギャグっぽくなった。個性豊かなキャラたちが力を合わせてなにかする系のようだ。劇中BGMもかっこいい。
突っ込みどころはあるけど、楽しく見れそうではある。
アリエスのおばさんをおじさんと間違えたり、カナタの名前を勘違いするズレっぷりは可笑しい。カナタの間の抜けた名言風迷言も良い。 宇宙の暗くて静かな感じも良かった。 人の生き死にがかかってる時に、語尾が「ス」のお調子者、ヒステリ気味な褐色黒沢、クールぶってる皮肉屋がわーわー好き勝手やってるのは少しイラッとする。 30分アニメでも見るのが疲れる時があるから、初回1時間SPはちょっとキツい。
BGMが少なくて、環境音で構成されてたのがすごく印象的だった。 原作は読んでないけど、丁寧に作られてる感じが伝わってきた。 それにしてもギャグとシリアスの緩急がすごい。 たまにそのテンポに躓きそうになる感じがあるものの、一筋の光に向かって進んでいくのと、まだ不安があるのとで今後も楽しみ。
出だしのSFパニック感と宇宙に取り残される感じにゾクゾク。多少ギャグとシリアスの境目がなく違和感はあったけど、圧倒的世界観に生き残るために前進する主人公達に胸膨らむ。早く続きが気になりますね(*´-`)
いわゆる宇宙漂流記ものですね。自分としては好きなジャンルかもしれません。 子供達だけで漂流と言えば「バイファム」とか「イデオン」が思い当たりますが、遠く離れた宇宙に飛ばされ元の星に帰るというシチュエーションで言えば「ヴァンドレッド」なんて作品もありましたね(どれもロボットものだなw・・・)。 自分の中ではこの作品も期待出来ると思っていますが、それにしても言動のおかしいキャラ(アリエス)には、この旅の間にその癖を直して欲しいものです(笑)。
アリエスはすごく天然だった。 今後も何か問題を起こしそうでちょっとヒヤヒヤする。 謎の球体に飲み込まれる前に きっちりヘルメットをつけるように指示たり、 宇宙に放り出された時もしっかりと指示してたりして しっかりと頼れるところもあった。 カナタは亡き先生の意志を継ぎつつ、 「絶望したときは強がれ」っていう言葉を反復することで 強い心を持ってるなぁ・・・ 惑星マクパに着いた後にすぐに遭難・・・ あの謎の球体は一体何だったんだろう? それにしてもすぐ触ろうとするなよ・・・ 単独行動しそうだしルカも要注意人物だな。 みんなの仲は全然良くなかった・・・ というよりほぼ初対面だったのか。 ラファエリ姉妹もなんだか仲良くなさそう・・・ 普通だったら一緒に来そうだし、 キトリーの方のみが疎ましがってる感じかな? サバイバルって聞いてたから 9人で殺し合う話かと思ってたけど 9人で協力して生き抜くって話だったのか。 アリエスの救出に際して仲の良くなかった9人による 初めての協力が見れて良かった。 カナタは先生の時は伸ばされた手をつかめなかったけど 今回はしっかりと助けることができて良かったなぁ・・・ 手をつないだ救出っていうのは 一つみんなの協力、まとまりが見れて良かったと思う。 「手をつなぐ」 過去のカナタの経験や困難を乗り越えるために このアニメでは大きな意味を持ってるな。 今後の方向性もきっちり示された。 残った食料は3日分、貯水タンクの水が持つのは21日。 まずは3日で向かうことができる惑星で食料と水の調達。 その後20日以内で移動できる惑星を5つ経由し、 計100日以上かかけて地球に戻る・・・ ほんとザックの操縦免許と惑星リストには助けられてる。 惑星リストを信用した旅になるから このリストの情報と実際の惑星に違いがあれば大変だな。 出発の時にはカナタがキャプテンとして認められた。 この惑星移動計画はうまくいくのか。 到着した惑星で食料と水が確保できるのか。 もう見守っていくしかないな。 カナタの過去が先生が死んだ後、中1の生徒5人で7日間の遭難。 その時に犠牲者が出なかったって話があったから この遭難でも誰一人として犠牲が出ないことを祈るしかないな。
今後が大変楽しみ
こっちもまさかの遭難もの。あの球体なんなんだ。アリエスは過去に何かあったのか、孤独が嫌そう?救助方法が少年マンガっぽいけど、ワイヤーを引き戻すのに時間が足りなかったのかな。 9光年=4時間なら、5012光年=2227.5時間≒3ヶ月、確かに合ってる 慌て者ほどうろたえる、その当たり前を見失ってんじゃん 8日以内の距離ばっかでいけるの?しかも5惑星で済むのか
宇宙が舞台のSFアニメ 謎の現象もあるが、それ以外は筋が通ってて好き
事故とそこからの避難があまりに唐突すぎない?
若干展開を先読みさせるシーンはあったものの、冒険のワクワク感を存分に感じられる良い掴みだった。 黒沢さんのキャラ、いい味出してる。少年少女の感情の揺さぶられ様子を最も分かりやすく表現してるキャラだったね。 個性が強い者達が集った波乱だらけの探検。今後も楽しみにしています。