篠原健太/集英社・彼方のアストラ製作委員会

彼方のアストラ

991
視聴者数
92.06%
満足度
756
評価数
96.55%
満足度
218
記録数
58
評価数
27
コメント
刺客が明らかになり、気になる動機
アストラと地球の歴史の差異の検討。 歴史軸として1962年をきっかけに歴史が分岐してた。 地球とアストラ、惑星自体が違うのではなくて 地球にもワームホールによる人間移住計画があったみたいだし、 アストラの歴史自体が書き換えられたもので 地球から移住した人々が作った世界っていうことになるのかな? 西暦に矛盾があるとしても、 そのアストラの西暦自体が違う可能性もあるもんな。 1話で飛ばされたワームホールが繋がっていたのは 隕石が衝突した後の地球。そうだと考えると1話から 地球からアストラへ旅をしていたってことなのか。 ワームホールに飛ばされた時の状況を カナタが思い出し、アリエスの映像記憶で シャルスがワームホールを発生させた実行犯であることがわかった。 シャルスもクローンか。しかも王のクローン。 いったい彼の口から何が語られるんだろう?
アストラと地球の関係性が明らかに。 いろんな伏線回収もあってなるほどなぁ~~~となる。 そして長い間わざと考えずにいた刺客についても進展が。 最後まで引っ張って次回~とかなると思ったけどパッと判明。 まぁもとから怪しさがあった人だから意外性も薄いし、違和感はなかった。 次は一体何が語られるのか。
わりと怪しかったやつが順当にアレだったな。そして次回はどんな過去が語られるのか・・・
裏切者自体は大方予想通り。 歴史改ざんいろいろは…話数足りるんかな?
よくある母星と移住先の星でしたか。 歴史違う理由はなんだろうか
アストラでは歴史が軽視されてるのか。第3次世界大戦だ。国と宗教を廃した世界。ワームホール、ここで光の玉と繋がるのすごい。アストラは移住先か。刺客はシャルス。王のクローンがなぜ
綺麗すぎて鳥肌立つ
怪しい人物は… えっアリエス? まあテンションとかおかしかったもんな… えっウルガー? 俺は刺客じゃないって言ってたじゃん! えっシャルス? あぁそういえば… …となる回。この回の放送前に我慢できなくて原作を読んでしまった。 アリエスの部屋に入る・入れないの押し問答のとこ面白かった。
この作品にありがちだけど、刺客だの母星が違うだのみたいな謎を一旦置いておく傾向はなんなんだろう。引いておくのは後々の期待に繋がるけど、その間に重要なこととかを忘れちゃいそうで。 アストラと地球ってなんか並列世界的な違いを感じるな。12年の間に何も起きなかったっていうのは、隕石ってことでいいんだよね?アリエスが急に話を打ち切りにするの、なんか疑ってしまうな。旧時代をある程度知っているからなのか、家庭にまつわる事情があるのか。しかし、宗教観すらないってどういうことだ? 脳みそシュークリームとか言われてるけど実際頭いいだろ ロマンチストな死に方を求めるから……
犯人は過去がはっきりしないシャルスしかあり得ないのに見当違いの流れかと思ったら、ブラフだったかー。あとアリエスの家庭もなんだか怪しいんだけどなぁ。今回の引きはあんまり面白くない。惑星の件は判断保留だけど、考証ごとはあまり真面目にやらない作品なので期待はしてないw
ストーリー展開めっちゃ良い! まだ仮説ではあるものの、やはり人類滅亡してて、既に移住してたか その秘密は大人たちは知ってても子どもたちには秘密にしてたのなら隠せたのも納得
ポリ姉宇宙人説 アホなの!?www そういや言語同じだな… ポリ姉ロシア人なのか 国がない!?統一されたのか!? カナタ目が点になってるぞw 歴史を教えないようにしてる…? 第三次世界大戦!? キューバ危機が実際起こってそこから分岐している!? 神が存在していない!? ソビエトのイントネーション違うんだなw テラフォーミング計画だな あの球体がそういうことなの!? なるほどそれでアストラが選定され移住が… 最初のあの星が… ポリ姉からしたら逆に移動してたわけか… カナタよく覚えてるな 夜這いかな ほえー 中に入れて!ちょっとだけだから!!www 惑星ガレム 目標?あぁ全員とお友達ね ポリ姉に呆れられるほどの手練! イチャイチャしやがって! 刺客と絆… 球体がなぜここに!? アリエスのそばで消えた?! シャルスが…? あぁあの一瞬をアリエスが覚えてたのね! 高貴そうな回想あったしそういうトコのクローンだろうなって思ってた!
あー面白い。 原作既読でも面白いわ。
ホロビトサポーター
驚愕の事実・真実が明かされていくね さて、まだまだ何かありそうな
めちゃくちゃ面白いな。 アリエスかと思わせといて普通に女の子らしい反応してるだけだったわ。
ナンリウサポーター
おお……
先週に引き続き情報量が多すぎて多すぎて…… 今回の話を見る限り、地球からアストラに移住した後に世界統一政府によって歴史の改竄が行われたのか?だとしても何故歴史の改竄を行う必要があったのだろう?そこがシャルスが裏切った理由に繋がってくるのかな? 地球とアストラが別の惑星と判った後に行われるのは歴史の摺り合わせ作業。異なる立場、背景を持つ者同士によるものであり、これをしない限りはお互いへの得体の知れぬ恐怖心は残ってしまう 視聴者は前回ラストの衝撃からポリーナの目線でこの摺り合わせ作業を見ているのだけど、やはりポリーナからも視聴者を驚かせる情報が齎されるのは面白いね キューバ危機を契機に分裂する歴史、巨大隕石衝突が迫る中の惑星移住。どちらも視聴者にとっては呑み込みの難しい話であり、どちらが正しい歴史かなんて判断できない。摺り合わせは終わらず、真実も見えてこない。当然疑心暗鬼になってしまう そういった意味ではアリエスが「もう止めませんか」と提案し、際限なく空気が悪くなる流れを変えたのは良い判断。これまでもB5班の空気を良い方向に変えてきたアリエスならではの発言だね 変わった空気の流れをキャプテンのカナタは尊重する。が、一人になれば改めて刺客の正体を考えるカナタ。最後の星を前にして船内の空気も明るいと言うのに、油断せずにいるのは偏にキャプテンとしての使命感かな。 その後、カナタは推理と真実を摺り合わせるためにアリエスの許を訪れるわけだけど、アリエスからすれば部屋に入れる入れないは別の意味での葛藤、摺り合わせとなるのはちょっと面白い また、惑星に降りてからの肝心な想いの部分に触れるか触れないかというラブコメ的な攻防が行われるのも面白い。母に紹介すると言ったアリエスは一歩リードしていると見ることが出来るね(笑) しかし、そんな和やかな空気でもあっても刺客は動き出すのか。キャプテンとして仲間を守る責務を負うカナタは罠を用意して刺客を炙り出したわけだね シャルスは最初から自分がクローンと知っていたのか。となると、彼はB5班の中で絆を感じつつもクローンであるとの自覚を自分だけ持ったままだった点には一種の疎外感を感じていたりしなかったのだろうか? 次回はB5班が陥った事態と真実の摺り合わせがどのようにして行われるのかな?そしてまだ衝撃の事実が明かされそうで戦々恐々といった気分
てんぷらサポーター
またOP無し男 アリエス話逸らした? 地球toアストラの度 会話思い出しがなんかありそう 聞き間違いで笑う まぁ怪しさはあったよね 確かに見切れてたわ
今回もスピード感あって良かった。最初の頃のSF感の希薄さとは対象的にめっちゃSFしてる(良い)
話を打ち切ったアリエスが怪しいと思ったら違ったwww とりあえず刺客は判明したけど、謎が全く解明されてない ポリ姉の12年間というのが怪しい気がする 今更ながら原作があることに気付いたが、ストーリーは原作通りなのだろうか、ちょっと気になる
※ネタバレ注意※twitter用 先週の推察通り地球は滅んでいた。そして最初の宇宙で迷い込んだ時の惑星が地球。これはやられた。 アリエスの知識が遺憾なく発揮されてるシーンはクルーたちの助けに。 アリエスは他の皆より親からの扱いが違うだけに、帰還後か前に何かひと悶着ありそう。 惑星アストラへの移住への件は今後もなだれ込みそうなので一旦保留に。 先にケリがついたのはスパイの方だった。 空気が重くなるのを嫌がるアリエスの想いは彼方に。。。
衝撃の事実のオンパレードでした!(国が無くなっていたとか、神って何?とかも含めて) 母星が違う謎は「とりあえず」納得出来ましたが、年数のズレが気になりますね。それと子供達に過去を隠さなくてはならなくなった理由も気になります。おそらくウルガーのお兄さんが殺されたのも、その辺りの真相を知ってしまったからでしょうが、そこまでしなければならないほどの内容なのだとすれば、ちょっと恐いですね。
いやー、今週もなかなか急展開だったなあ。これだけ盛大に広げた風呂敷が綺麗にたたまれてくとは思わなんだ。残すところあと2話ですが、いよいよ核心に迫る感じかな。楽しみです。
国、宗教の概念は旧時代。第三次世界大戦。 どばっと情報が出た。
前回に引き続いての鳥肌展開+二週連続のOP/ED無しのシリアス佳境だね! 仮説としての世界線分離とクローン計画とその破綻…でも、未だ時間的齟齬と細かな矛盾を孕む中で、刺客が動き出す… まだ、何か重要なピースが欠けているように感じられる中で、シャルスの口から語られる真実が非常に気になるね。
そうだったのか!(まだ全部はわかってない)