篠原健太/集英社・彼方のアストラ製作委員会

彼方のアストラ

991
視聴者数
92.06%
満足度
756
評価数
98.36%
満足度
213
記録数
61
評価数
35
コメント
NANBA Toshiakiサポーター
きれいに終わった
原作あるとアニオリも多少あるけど伏線回収含めて安定してて良かったよ ギャグもちょこちょこ入るけど元々作者が同じスケットダンス嫌いじゃないのでそこまで気にならず。むしろ好き ポリ姉150歳か…
良作。ありがとうございました。
団長かっこいいなぁ。世界の真実、隠された歴史、そんな話になるとはね。人口ワームホールが鍵だったなぁ。西暦を100年戻したか。よく数多の嘘が伝わったものだ。帰還のシーン素晴らしい。嘘でも平和ならいいような気がするんだよな。その後の話が長くていい。カナタのアストラになったのか
きれいすぎるまとめ方
いっしーサポーター
今までが気の抜けない展開続きだっただけに、12話だけ平和すぎて逆に拍子抜けしてしまった 今回の困難はそろそろか…?まだか…?とずっとドキドキしてたw 最後の方はまあそうだろうなっていう順当な未来(職業しかり、カップルしかり)だったけど、含みをもたせて終わるよりはちゃんと描いてくれる方が個人的には好きだからありがたかった
ほんと清々しいくらいすっきり終わりましたね 今まで困難まみれだったから今回はそういうのなしって感じかな めちゃくちゃ上手くいってるけどこれも伏線張り張りのおかげだね
最高でした。 スタッフありがとー!!
ここ最近見た作品の中でもトップクラスに面白かった。毎話終わるたびに「彼方のアストラ面白くね?」って毎秒言ってた。 まとまりの良さも100点満点。満足感がすごい。今も余韻に浸ってる。
ペッパー警部ワロタ。 がんばって辻褄合わせたねー。まだ色々矛盾はあるけど、ここまでしっかりしたヒューマンドラマを描ききったのだから文句はないな。
エピローグまでやって綺麗に終わってめちゃめちゃよかった
麻酔無しで処置したのか… カナタ熱いっすね! カナタw大事な話するって時にwww アイエーじゃねぇw休んでろww 最後の惑星か マリオのコイン音がするゲームww 舐めて治る怪我じゃないんだよなぁ… シャルスなんだその笑い方www アストラの秘密… 1万本もワームホールを… それでアストラでは銃や宗教がなくなったのか ワームホールを全部排除としたけど王家の企業製だったので一つ残したのね… 西暦を戻したのか… はー!なるほど荒廃してた惑星の記憶と第三次世界大戦後の荒廃と勘違いさせるために… ポリ姉www140!140! アリエス母につながるか! ペッパー警部は草ピンクレディーかな?? グレイス警部有能じゃん! 良かったな… お前が優勝したのかwww 食糧難についての質問に体重増えたと返すの草草 キトリーかわいいなw シャルスなんなのwwww もういいわwww ポリ姉先生になったのか! 147歳姉 ちっ きゃ このキトリー割といいな 警備員やさしいw 船長は本でボロ儲けwww 義手に耳かきw 王様なのにwww 君の右腕になる(意味深 まだその笑い方するのかwww いい最終回でした!
ホロビトサポーター
1時間SPだけあってエピローグ含め 見応えある最終回でした 人類平和の為に創られた嘘と 個人的私欲により造られた彼らが 真実を知っていき生還し 新たな人生を手に入れた姿がよかった 意外に黒幕たちが あっさり捕まったところには驚いたけど 作品全体通して良かったです!
いい最終回だった! アストラの秘密は悪意ではなく平和のためってのは複雑ですね 1話の通りすがりのおばさんは知ってたかも?
やっぱりガッツリエピローグあるの最高やなって
ナンリウサポーター
綺麗にまとまって最高だった
情報の多い最終回だった
SFが死んだ?しっかりしたわかりやすいジュブナイルSFがここにあるじゃないか。
控えめに言っても名作じゃね? 設定、人物背景もしっかりと練り込めれていたし、伏線や謎の数々もきっちりしっかりとキレイに回収していたね。 この手の作品で、よく中盤からグダグダの総崩れになることも、決して稀じゃないけど、原作者も大絶賛するだけ良い出来だったと思う。 ミステリーと冒険譚を塩梅良くミックスして、笑いの落とし所も絶妙でとても良かったと思う。
アストラに辿り着き旅は終わるのだけど、その瞬間から新たな旅や人生が始まる構造は美しい 語られるアストラの裏事情 人口を半減させた争いを繰り返さない為にワームホールごと歴史の改竄を行った第一世代。平和な世界を作りたいとの第一世代の願いが伝わってくる 第一世代は地球の終わりをアストラの始まりとしたわけだね ただ、嘘偽りで作られた世界はやはり歪さを持ってしまう。その一端として大人達はカナタ達クローンを忘れられた技術を使って消し去ろうとする それでもカナタ達が無事に帰ってこれたのは彼らの旅に嘘がなかったからだろうね。隠された真実は有っても、旅の中で交わした絆に嘘はない。だからシャルスは受け入れられるし、カナタの重症も大喜利みたいに扱われる 改竄の歴史の終わりは人々に混乱を齎したようだけど、それでも嘘偽りのない絆を持つカナタ達が訴えたことでアストラの人々は隠された真実を受け入れ嘘のない歴史を始める流れとなっていくのか カナタ達の決死の旅が自分達の生還だけに留まらず、世の中すら変えていく描写は胸を打つね 帰還は一つの終わり。アストラ号は遺物として飾られワームホールも封印しカナタ達は過去の英雄として奉られるのが本来の有り様かもしれないが、カナタは再び宇宙への新たな旅に出るのだね。 過去の遺物として終わった存在のアストラ号やワームホールが未知の世界を切り開く希望のアイテムとして新たな始まりを導くのは非常に印象的 第一話でアリエスは孤独な宇宙の中で手を伸ばし誰かを求めた。この最終話ではカナタと結婚するというのにそのカナタは遠い宇宙へ。 孤独を感じたっておかしくないのにアリエスにその様子はない。アリエスの中で宇宙へ行くカナタを遠い存在に感じていない、手を伸ばせば届く場所に居るという感覚が有るのかもね。だから離れ離れになると思わない これはきっと他のB5班のメンバーにも言えること。それぞれの道を歩みだした彼らが7年後の舞台で勢揃いする描写はない。それでも彼らがバラバラだには見えない。 絆は変わらずに有り、心は共に新たな冒険へ向かっていると感じられる描写 毎回毎回ジェットコースターに乗っているような展開でありつつもB5班の心情を丁寧に描き、そして壮大な背景を伴って描かれた帰還劇は素晴らしいの一言。 今年のアニメでトップ3に確実に入ると思えるような出来の作品だった
見事。エピローグもしっかりあって観終わった後は満足感に包まれた。 1話の宇宙をさまようインパクトが大きくて個人的にはあれだけで完成されていたのできれいに終わるのか心配だったけど、毎回楽しく見れた。 振り返ってみるとやっぱりカナタが頼もしくてかっこよかった。
大団円。素晴らしい出来だった。 刺客判明、カナタが腕を失う…という重めの前話ラストから笑いアリの結末に持って来れるのすごい。 カナタとシャルスの関係なかなかすごいよね。シャルスから見れば親友・戦友であり恩人であり遺伝子上の娘の婿だよ!? ウルガーがニット帽に付けてた☆ってフニのものだよね、ニヤニヤしてしまう。ルカくんとも気軽にお泊まりに行ける関係っぽいし… 最終回後も色々と想像 ( 妄想 ) できる余地があるのも良い。
毎週、はなしに引き込まれる冒険だった! 最高に面白い!!今期一番だったな~ すべて良し!拍手!!アイ!イエェー!!
てんぷらサポーター
カナタは本当にかっけぇ やっぱりその年齢だよね 回想はホントにずるい 結婚はさすがにめでてぇな!? そして再び冒険か
ああ〜終わった…こんなに毎回笑って泣いてゾクゾクしてまた笑って全員を愛しく感じるアニメは初めてだった。あのタイミングで主題歌が流れるのはズルい。タオルが手放せないくらいガチ泣きしてもうた。ありがとうアストラ…ありがとう…
途中、必要かな?って思ったクローンの設定が活かされてよかった。出自より体験が家族を作るって感じか。 最終回まで見てみると無駄に多いと思った設定が収束していってきれいにまとまったのはいいけれど、全体的に良く出来た作品かと言われる最後以外はとっちらかった印象で微妙な感じ。悪くはないけどとりたてて良かったわけでもないと。
よくまとめた最終回でした 謎は全部明かされたのかな 飛ばされた先に無人船があったのは結局偶然だったのか
とても良い最終回でした! ポリ姉は結局100年以上コールドスリープしていたということで、いわゆる浦島太郎状態だったということですね。でもよく宇宙船の動力が持ちこたえたものです。それにアストラ号も100年以上宇宙を漂流していたわりには、普通に使える状態だったのはある意味奇跡だったのではないでしょうか? それにしても、ザックとキトリーが結婚するのは決定事項だったのでわかりますが、カナタとアリエスが結婚するとは思いませんでした。でも、結婚式をする前にカナタは旅立ってしまいましたが、アリエスもついて行けば良いのに・・・と思いました。
しっかり回収してまとめ上げてきましたね。 ここまで大満足な最終回はなかなかないですぞ。 自分宇宙好きなのもあるけど名作だと思いますね。
風呂敷が畳まれた